So-net無料ブログ作成

シマノバイカーズ 4H 耐久 その壱 [自転車]

IMG_1352.jpg

IMG_0365.jpg

昨日の土曜日にシマノバイカーズの4H 耐久レースに出場しました。場所は富士見パノラマリゾート。朝6時過ぎにGENさん宅に集合して出発。別働隊で KBRさんとGANGANさんが現地で集合である。順調に中央高速を走り、現地でメンバーと合流。今回は5人組でのチームエンデューロだ。やっとの思いでテントを上の斜面まで運んで準備完了。第一走者のKBRさんは既にスタート位置についた。午後12時30分にいよいよレースがスタートした!

IMG_1354.jpg

最初はひとり2周づつ走ったが、その後は1周づつでのライダー交代作戦。皆だいたい1周7分のペースで走っている。コース途中で太鼓の音に励まされる。

IMG_0383.jpg

私もヘナチョコだが何とかマシンから降りて歩くことなく全て乗車のままで周回した。登りでバンバン抜かれるのがちょっと悔しいのだが、所詮レベルが違う人たちなので気にしないことにする。
レース直前にインストールしたFAST TRAKはエア圧が微妙に下がりつつも何とか良いグリップである。デフォルトだと前のみがFAST TRAKでリアはRENEGADE。フロント・リア共にFAST TRAKというのはアスファルトでなければ正解かもしれない。滑りやすい路面でもグリップをそれほど失うことなく安心感があった。

IMG_0375.jpg

何周目だったかにGENさんJr.がなかなか帰ってこなくて心配していたのだが、どうやら転倒があった様子。擦過傷くらいで怪我は済んでいるようだ。しかし、次のGENさんが走り終わったときにマシンのフロントホイールがダメージを受けていたことが発覚。ポテトチップのようにホイールが歪んでしまっていたのだ。急遽GENさん親子は予備マシンのV500での走行となったのだが、やはり重さで感覚をつかめなかったようだった。

楽しい時間はあっというまに過ぎてしまう。4時間経過時点のライダーはどうやら私のようだ。もうピットインは出来ない。何とか時間までにゴール地点を通過してもう一周走れればと必死にあえぎながら走る。「ウォリャ〜!!」と雄たけびを上げながらメインストレートに向かう最後のコーナーを立ち上がる〜!!しかし無念にもここで4時間経過。あと1周は出来なかった。

IMG_0390.jpg

あきらめてビクトリーランモードに切り替えてガッツポーズをしながら仲間の待つゴールに向かう。この瞬間って最高に嬉しいですね〜!!

IMG_0394.jpg

心地良い疲労感とレースの余韻を味わいながら記念撮影!!さて、この時間(16時30分)にレースが終わり後片付けやらなんだかんだをやっているとあっという間に18時近くになってしまいました。今夜はどこかでキャンプと決め込んでいたのですが、疲れがドッと出てテント設営の気力も無く・・・KBRさんも同様のご様子で「どこかで宿を取っちゃいましょう!」とのことになりました。GANGANさんは「私は帰ります」とのこと。さすが若い!!

GENさん親子の宿を聞いてみたらシングルが1部屋だけ空いているとのこと。KBRさんはここで決定。私はカーナビで検索して上諏訪の駅前にあるホテルを予約しました。宿が決まったところでミーティング&晩御飯をロイホで行おうということになり、みんなで今日のレースを振り返りながらお喋りタイムです。Jr.君が船を漕ぎ始めたところで終了解散となりました。

IMG_1355.jpg

私は独り上諏訪に向かいます。到着直前には雨が降り出しました。やはり今夜は宿を取って正解でしたね!! 宿の2階には24H入れる温泉がありましてゆっくり湯船に浸かって疲れを癒しました。

IMG_1356.jpg

窓の外では諏訪湖の花火が上がっています。雨も上がった模様。缶チューハイを飲みながらオリンピックの女子サッカーを見て床に就きました。

北海道出張記 [その他]

IMG_1302.jpg

一週間の北海道出張でした。帰ってきたのは土曜日の夕方。関東は比較的涼しい気候でホッとしました。
私にとって北海道は実に15年ぶりくらいのことです。90年代なかばは毎年オートバイで北海道を走っていましたので、まぁ〜北海道民の方よりも北海道は詳しいと自負しているくらいです。今回久しぶりに訪れてみて、また改めて北海道が大好きになりました。7月は最高の季節ですが、何故かオートバイのツーリストはまばら・・・komezouさんが聞いたところによると最盛期の1/10くらいだそうです。やはりオートバイは激減しているのです。(悲) 

IMG_1306.jpg

初日は移動日で休日だったので屈斜路湖〜摩周湖〜阿寒湖をドライブです。komezouさんはやはり摩周湖の中ノ島をみることが出来ませんでした。「霧の摩周湖」ですから仕方ないのですが、4連敗というのはちょっと悲しいですね〜!私は逆に4度目にして初めての霧でした。
仕事の方は順調に進み、予定の一週間をこなしましたが、低温注意報がでるほど気温は下がり、後半戦は防寒着を着込むほどでした。夏とは思えませんね〜 そして最終日の休日は飛行機が午後でしたので午前中にサロマ湖をぐるっとまわってきました。

IMG_1320.jpg

今回、意外な一面を見せてくれたボジャン先輩です。(笑)

IMG_1326.jpg

IMG_1335.jpg

サロマ湖を見た後は網走まで行きました。以前訪れたのは記念館だったかもしれません。本当の監獄の前にて。将来お世話になりませんように!!(爆)

IMG_1329.jpg

雄大な景色を堪能して女満別からの帰路につきました。北海道には数えきれないほどの思い出が沢山あります。友人・知人も住んでいるので、次回は是非オートバイで来たい!!しかし・・・まぁ〜セレナで家族を連れてくると言わなきゃイカンですかね。

病状経過 [その他]

糖尿病の進捗ですが、先日医者に行ったところ、数値は劇的な改善が見られました。
すべての数値で基準値以内に収まっております。ただし、これは薬による効果かと思います。
あとは顔の発疹が問題です。ず〜っと治らず、人に会うのも嫌になっていて精神的にはかなり塞いでいるのです。 有名な大学病院で診てもらい、こちらも投薬を続けています。約一週間経過しましたが、少しは改善してきているように思えます。 やはりデカイ病院はそれなりに良いのでしょうかね? この発疹は糖尿病による免疫力低下が原因とされていますが、ハッキリとは解りません。ひとまずは医師の指導にしたがって投薬を続けてじっくり治して行くしかないようです。なんとか子供たちの夏休み突入までには改善していて欲しいのですけど、間に合うかな??
私はけっこう色々な病気をやっているほうかもしれません。女優の奈美悦子さんが患った掌蹠膿疱症(ショウセキノウホウショウ)という病気にもなったことがあり、秋田の前橋先生を訪ねたこともありました。

http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/ST120150/2/

ウィルス性の肝炎や原因不明の発熱など、まぁ〜納めた健康保険料は有効に使っているほうかと!(笑)
人間は様々な病や怪我などと闘っていかなければなりません。健康が当たり前と思ったら大間違いです。健康に日々過ごしているということが、いかに奇跡的かということですね。最近は毎日朝と夜に家族の顔を見ながら「おし!今日も生きてたなぁ〜!ありがたい!」って思うようにしております。これから後どのくらい生きていられるかと考えると・・・私の寿命が父と同じ75歳だとしても〜・・・32年ちょっとしかないんですね。そう考えると一日一日がとても貴重です。こんなブログを書いてる場合じゃないのかも知れませんな!はははっはは!!!

IMG_1289.jpg

で、話は変わって、昨日は自転車のお仲間達とツール・ド・フランスを観戦しながら飲もう!ということでHubというお店で23時過ぎまで過ごしておりました。こうやって仕事が終わってからワイワイおしゃべりするのは随分と久しぶりだったので、時間の経つのも忘れて楽しみました。趣味の世界は楽しみ方が色々あるのですが、やっぱり「仲間がいる!」っていうことが一番です。だから継続出来るんですね。結局は人とのつながりを求めているのが人間なのかもしれませんね〜! 


PINARELLO DOGMA 65.1 THINK2 [自転車]

P13_DOGMA_747_ore8-copia.jpg

PINARELLOのフラッグシップであるDOGMAがマイナーチェンジ。何と449,000円という価格での販売だ!(フレームセット) これは手が届く範囲になってきたのではないだろうか!!

pinarello_2013tenjikai_01.half_350.jpg

pinarello_2013tenjikai_02.half_350.jpg

電動、メカニカルの両方に対応。しかもシマノでもカンパでもOKというTHINK2システムだ。カーボン素材はさらに進化して軽量化と剛性アップらしい。久しぶりに心が揺さぶられてしまったよ。やっぱりONDAフォークの妖艶さは何とも言えない魅力ですなぁ〜〜!!カラーリングも多数用意されているのも見逃せないポイントである。

EPIC Comp 29 のタイヤ交換 [自転車]

ロードもMTBもパンク続きで困り果てておりました。ロードはミシュランに落ち着きましたがEPICはどうしよう? と悩んだ結果、 SpecializedのFAST TRAKを前後に装着することにしました。まぁ〜、パンクしたフロントタイヤと同じものを2本注文して前後同じにしてしまおうということです。

IMG_1242.jpg

耐パンク性能は良くないのかもしれませんが、他に”これ!”といったものが無さそうだったのです。そして今回もチューブレス・レディーでの装着としました。

IMG_1243.jpg

装着完了!エア漏れなし!さすがスペシャにはスペシャのタイヤじゃ〜ん!!って思ってましたが・・・やっぱり1日経過するとエアは抜けてました。エアを充填してクルクル回して横に振ったりしながらノーチューブ液を拡散させます。しかし翌日もまたエア漏れ・・・一度エアを全て抜いてビードを落とし、再度エアを充填してみました。まぁ〜、落ち着くまではしばらくは時間はかかるでしょうね。気長にやろうと思います。

IMG_1251.jpg

しかし、この部屋はなんなんでしょう!!背景には鉄道模型のジオラマ、Fuel-EX8が鎮座して29erタイヤ、そして・・・661の怪しいヘルメットがぁぁぁ〜!(爆)
イタリア人Motoよ!どこに行く〜ぅ!!??

独り御坂道 [バイク]

IMG_1226.jpg

先日バックステップを装着したので、こいつのテストを兼ねて、独り甲州街道を西へと向かった。土曜日の朝は交通量が多くて所々で渋滞にはまる。笹子の旧道でも行ってみよう。もう20年ちかく走っていない道である。しかし、入り口に来てみると災害復旧工事で通行止めになっていた。残念!!

IMG_1228.jpg

しかたなく前回も来た御坂の旧道を駆け上がる。しかし・・・どうもバイクに乗れてない。バックステップが少々心もとないのも事実なんだけど、それよりも精神的な問題。恐怖心を払拭出来ないのだ。
後続に抜かれながらも頂上に到着。天下茶屋でほうとうを頂く。ここの二階は太宰治の記念館になっている歴史ある建物なのだ。

IMG_1235.jpg

IMG_1233.jpg

河口湖まで下ってから都留方面に戻る。そして道志へと峠を上がってみる。しかしやっぱり恐怖心で巧く走れない。まぁ〜こういう日もあるさ!と自分を慰めながら失意の帰宅。次に走るときはもうちょっとまともに走れれば・・・ふぅ〜〜〜 落ち込んでしまった休日でした。



FP3のタイヤ交換 [自転車]

久しぶりの更新です。なんでもこのブログのプロバイダーであるso-net側で私のユーザー登録を抹消したとのこと。色々調べて行くと、登録したクレジットカードを私が解約したからだそうです。まぁ、それなら話は解るが、無料コースなのになんで?とか、事前に告知のメールをしたと言っているがそんなメールは受け取っていないだとか・・・そういう細かい文句はあるのだが、とりあえず電話のサポートで再度開通できたので良しとしよう。

IMG_1206.jpg

気を取り直して先日交換したロードのタイヤのレポートです。シュワルベのアルトレモがパンク続きでどうしようも無かったので、思い切ってミシュランのPRO3に交換しました。アルトレモはとても気に入っていたのですが、現在は新型になっていて同じタイヤの1本のみを入手出来ないのです。ミシュランもPRO4が既にリリースされているのですが、PRO3が破格値だったので通販で入手しました。

IMG_1211.jpg

ではインプレッション! 「グリップ感がはっきり解る素直なタイヤ」という印象です。アルトレモほどの漕ぎの軽さは無いですが、しっかりと路面を捕まえている安心感があります。特に下りの性能は優秀で、シュワルベの前に履いていたオープンコルサの時にも味わったことのない、抜群の安定感がありました。この安心感はミシュランらしいと思います。自転車用は今回初めてなのですが、オートバイではミシュランのタイヤを愛用しているので、これに似た感覚を覚えました。「滑る感じがしないし、滑ってもコントロール出来そう!」なのです。アルトレモの圧倒的な漕ぎの軽さは捨てがたいのですが、いかんせん下りでは恐怖を感じるほどでした。ビットリアオープンコルサはしなやかで軽いと思っていたのですが、PRO3はしなやかというより粘るという感じです。それとギャップを通過するときの衝撃吸収能力は今までの3つのタイヤの中ではピカいちです。ホイールや車体とのマッチングもあるのかもしれませんが、これには驚きました。まさに「ロードレーサータイヤの基準」と言われるだけありますね。ライフが短いとの噂もありますが、暫くコイツで走り回ろうと思います。

IMG_1207.jpg

今回はついでにサドルを3mm上げてハンドルを5mm下げました。ちょっと前傾がキツくなりましたが、乗りやすくなりました。バックが汚くてスイマセン(汗)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。