So-net無料ブログ作成
検索選択

SDA王滝参戦記 2013 5月 エピローグ [自転車]

IMG_5466.jpg

今回、4人の中でトップでゴールしたAndy-Kさんから遅れる事約1時間で私はゴールしました。随分とお待たせしてしまいました。今思えば「あ〜すれば良かった!こ〜すれば良かった!」と思う事ばかりですが、今となってはどうしようもないです。失敗其の壱:スケカネに付けたボトルは落ちないように工夫するべきだった。失敗其の弐:チューブレスでもパンクしたら即、チューブを入れて対処すべきだった。失敗其の参:やはり衣類による体温調節は大切。ケチらないでウェアは用意するべきだった。

IMG_3450.jpg

松原スポーツ公園に戻ってきた4人は来る時とメンバーを入れ替えて足早に王滝村を後にしました。kobori さんが翌日お仕事ですのでノンビリもしていられません。2台のクルマは伊奈I.Cから中央高速に乗り、諏訪湖S.A にて遅めのランチにしました。

IMG_3452.jpg

私はこのハンバーグ。とにかく肉が食べたかった!

IMG_3451.jpg

正面に座るAndy-Kさんのカレーライス。やっぱりこっちにするべきだったのか・・・ちょっと後悔。

IMG_3453.jpg

ここから2台はバラバラになりましたが大月からは大渋滞に遭遇です。しかしまぁ〜なんでいつも中央道は渋滞なんでしょうかね。抜本的な対策を早急にお願いしたいですよ。私が運転だったのですが、ついに我慢出来ずに上野原で高速を降りてR20を行きました。しかしR20も相模湖I.Cまでは渋滞です。仕方なく諦めましたが、その後は順調に流れました。町田市内に入ると、もう19時をまわっていました。何だかお腹も空いたのでGENさんと夕食をとることに。やはり、あの諏訪湖S.Aのカレーがどうも頭から離れなかったのは私だけはなかったようです!2人でココ壱番のカレー屋さんに入りました。

IMG_3455.jpg

2人でカレーを食べながら王滝やら自転車の話で盛り上がります。走っている時はあんなに辛くて「もう二度と来るかいな!!」と思っても、また9月にはエントリーしてるんだろうなぁ〜・・・そんな魔力が王滝にはあるみたいです。次回はもう一度42kmなのか?それとも頑張って100kmにチャレンジなのか? まぁ〜とりあえずは夏の間に考えることにしようと思います。

SDA王滝参戦記 2013 5月 その参 [自転車]

DSC_6793.jpg

レースがスタートすると写真なんか撮ってる余裕はありませんが、とにかくきれいな景色が目の前に広がります。この美しさは是非とも肉眼で味わって頂きたく。皆様是非、王滝村を訪れてみてください。日本は美しいと実感して頂けると思います! 

スタートしてしばらくはアスファルトを進みます。何故か私はクルクル脚がまわって3人よりも先を走る事になりました。まぁ〜、それでもダートに入る手前でGENさんとAndy-Kさんが追いついて、バビュ〜ンと行ってしまいましたがね〜 Andy-Kさんはやはり三味線トークだったようでギラッと目が光ったと思ったらあっという間に見えなくなりました。koboriさんは来ない・・・多分、樹液を吸っているのだろう・・・(笑)ダートに入ってしばらくは登りが続きます。5kmほど行った地点でスケカネに付けたボトルを取ろうとしたのですが・・・あれ??ボトルが無い!! どうやら落としてしまったようです。スケカネは大失敗だったのか!?

IMG_3445.jpg

42kmコースにはチェックポイントが1カ所。30km地点にあります。ここを3時間30分で通過しなければならないのです。私は前半はかなり調子良く、イ〜感じで走れていたのです。勿論「自分なりには」という意味ですけどね。チェックポイントの手前の下りまでは良かった・・・そこでリアタイヤの異常に気がつくまでは・・・・そう、恐怖のパンクです。

私のタイヤはチューブレス・レディの仕様にしております。中には白い液体が入っていて、少々のパンクくらいであればそいつが穴を塞いでくれるのです。チェックポイントにたどり着き、白い液体のチカラを信じてエアを充填。パワーバーを頂戴しているとkoboriさんが到着しました。

IMG_5458.jpg

パンクの話をしながら出発しましたが、暫く行くとまたしてもエアが抜けています。koboriさんはガンガン行ってしまいました。「こうなりゃボンベ使うか・・・」と工具入りのボトルを開けました。エアを充填するとビードがちょっと上がるのを確認。「もしかしてビードがちょっと落ちて漏れただけかな・・・」しばらくは激登りが続きますが、何とか持ってくれるだろうか??しかし、やはり登りきったあたりでエアは抜け始めている・・・「何度かエア入れながら走ってしまおう」今思えば、そう思ったのが悪かったのかもしれません。面倒でもチューブを入れてしまうべきだった・・・何度かエアを充填するも、だんだんとその間隔が短くなってきている。そしてようやく登りが終わり、後はゴールまで下るだけになりました。再度エアを充填しましたが、乗車できる状態には膨らまない!!
「くそ〜!ここまで来たのに〜!!でもあと数キロは下るし・・・もうこうなりゃチューブ入れるか!」決断してリアタイヤを外し、チューブを入れました。さっき抜いたライバル達がガンガン気持ち良さそうに下っていくのを横目で見ながら作業します。すると足まで攣ってしまい、しばらく動けず!もう”泣きっ面に蜂”状態です。「皆はもうゴールしてるんだろうな〜・・・」待たせてしまっている焦り・・・この時間が永遠に思える・・・エアを入れようやく再スタート。2台ほど抜きましたが、この数キロの区間でもやはりパンクをしている人、転んだようだけどマシンが見当たらない人(?)等々を目撃しました。

IMG_3446.jpg

そしてゴール。タイムは4時間55分。制限時間の5分前という何ともギリギリのゴールでした。「チューブ入れてたんでしょ? あれ?リムやばくない?」そう言われてリアホイールを見ると一カ所が大きく凹んでいました。

IMG_3449.jpg

スローパンクチャーでズブズブになったところで岩に乗ってしまったのか?はたまた岩にブツけてホイールがゆがみ、それでエアが抜けたのか?定かではありませんが、これではもうリムはオシャカですね。

完走証をその場で貰い、皆で松原スポーツ公園まで戻りました。

IMG_3448.jpg

IMG_5475.jpg

私はなんともスッキリしないゴールでしたが、全員無事、無転倒で完走です。天候に恵まれたのも幸いでした。Andy-Kさんは4人の中ではトップ。「調子が悪い」はやはり嘘でした!(笑)初出場のkoboriさんも好タイムでゴール。足を攣ることもなくヒョウヒョウと走り続けられる体力には驚きます。そしてサプリ王のGENさんは足を攣りながらも自己目標を大幅に更新してのゴールでした。みんなスゴイっす!!仲間とこうして競技に出る楽しみは格別なものです。のんびり里山も楽しいですが、たまにはこうして自分のチカラを試す、確認するというのも良いものですね。

SDA王滝参戦記 2013 5月 その弐 [自転車]

IMG_3430.jpg

5月26日(日)3時半起床。ちょ〜〜〜眠い!腰も痛い!やる気無し!とりあえず宿のおカミさんが準備してくれたおにぎりを頬張りながら、モチベーションを上げる努力です。荷物をまとめて出発。松原スポーツ公園まで2台のクルマで峠を駆け下りていきます。

IMG_3436.jpg

今回初参加のkoboriさんは気合い充分!オウラがメラメラと出ています。GENさんもいつになく調子は良さそうです。

IMG_5439.jpg

スタート地点までは11kmもあります。この時はまだAndy-Kさんはダウンジャケットを着ています。肌寒いのですが日中はかなり気温が上がりそう。「なんか全然調子が悪いよ〜」といつものAndy-Kさんの三味線トークが炸裂です(笑)

IMG_5446.jpg

IMG_3439.jpg

途中の自然湖で撮影タイム。スケカネには真水の入ったボトル。今回の王滝のために準備した品であります。

IMG_3441.jpg

IMG_5452.jpg

スタート地点に到着したのは午前6時40分ごろ。なかなかナイスな時間です。昨日GENさんから入手したサプリを飲んで準備完了!(笑)午前7時、いよいよ42km(実質50kmくらい)の過酷なレースがスタートしました!

SDA王滝参戦記 2013 5月 その壱 [自転車]

IMG_3421.jpg

5月25日(土)は息子の小学校の運動会でした。まぁ〜、いつものごとく王滝のイベントと重なるわけでありまして・・・GENさん、koboriさんの2人は先発隊で朝から王滝に向かっていきました。私は勿論、息子の運動会に行って応援&カメラマンなわけです。そして午後2時の閉会式の時間にAndy-Kさんにお迎えにきて頂き、いそいそとマシンを積載。王滝に向かったのであります。

IMG_3423.jpg

下道も高速も順調に流れます。諏訪南I.C.を通過すると、なんだかパノラマが恋しくなってしまい、ついつい「おい、ここで降ろしてくれ!俺はもう登りたくね〜よ!」なんて言ってしまいます。(笑)

IMG_5422.jpg

今回は前夜祭には顔も出さずに宿に直行の予定です。GENさんとkoboriさんは奈良井宿経由で前夜祭を楽しんだようです。午後7時に宿に無事到着しました。

IMG_3425.jpg

直ぐに夕食を頂き部屋に戻るとkoboriさんが美味しいワインを振る舞ってくれました。明日の対策会議です。

IMG_3426.jpg

GENさんの持ってきたサプリに一同驚きの後で大爆笑!!GENさんの解説がまた笑えます。

IMG_3427.jpg

この笑顔で説明されると思わず効能を信じてしまい、ついつい「俺、これ買うよ!」と取引が始まってしまうわけです。そんなこんなしているうちに時間は21時を過ぎてしまいました。風呂に入って早々と就寝です。明日は3時半起き。どんなレースになるのやら・・・


Marshイベント パノラマへ! [自転車]

IMG_3398.jpg

王滝前の日曜日にMarshさんのイベントパノラマに行ってきました。今回はいつものメンバーは居なくて私独り、中央道を西へ向かいました。午前9時到着。いそいそと支度を済ませると店長より連絡が入り、皆さんと合流しました。まずは店長の後ろについてCランチから!
私の後ろにはTさんがついて頂き、色々とレクチャーをして頂きました。「F1マシンにいきなり乗るようなものなので、マシンを一旦普通のクルマに戻してあげることから始めましょう」そう言ってチャチャっとセッティングを変更して貰いました。ピョンピョン跳ねていたリアが収まり、路面を舐めるような感触に激変です!そしてわかりやすい解説に私は引き込まれてしまいました!ARAさんのセッティングの時もず〜っと横で聞いていまして、大変興味深く面白かったです。 

IMG_3400.jpg

IMG_3401.jpg

参加されている方々はチョっ速な人達ばかり。この人達には絶対についていこうとしないように注意します。ついつい気がつくとスピードが自分の限界を超えてしまうのです。自制心が大切です。

IMG_3399.jpg

とりあえず午前中はCランチを2本。ランチ後には何と!Aランチにデビューです!

IMG_3402.jpg

何とかAランチを完食することが出来ました!!感激です!まぁ〜「降りてきた」というよりは「降ろしてもらった」と言った方が正解ですね。Tさんのセッティングとこのマシンのお陰だと思います。C+AとA、そしてCランチ!最後のCでは雨で路面が濡れ始めてしまいました。合計5本終わったところで終了。解散となりました。とりあえずマシンや装備をクルマに放り込み、下道をのんびりドライブです。

IMG_3403.jpg

一日の走りを思い出しながら家路につきました。しかし、こんなにハマるとは!DHはクロカンとも全く違う楽しみ方ですね。こりゃ〜毎月の定例になるでしょう!!

ジャブラニ・ルシアーダの歓喜 [家族]

IMG_3389.jpg

なんと!!失くしたボールが見つかりました!!あの公園のブランコのところにあったそうです。T君が見つけてくれました。恐らくは公園の外に出てしまったボールをどなたかが公園に戻してくれたのだと思います。連絡を貰った時、チビスケは転げまわって喜んだそうです。皆さんをお騒がせしてしまい申し訳ありませんでした。一緒に探してくれた仲間達、そして御両親たちに本当に本当に感謝です!

ジャブラニ・ルシアーダの涙 [家族]

img56435063.jpg

チビスケがサッカーを始めた幼稚園の時にこのボールを買った。ジャブラニ・ルシアーダ。3年生になってボロボロになったので「そろそろ買い替えようか?」と言ったのだが「パパ、まだ使えるよ」と言って新しいボールはあまり欲しがっていないようだった。でも、あんまりにもボロボロだから昨日の日曜日に練習が終わった後「なぁ〜・・・新しいボールでも見に行くかい?」と聞いてみた。「でもこれから公園で皆と遊ぶんだ!」という返事。サッカー仲間のJ君と喜んで出かけて行った。

公園でどんな遊びをしているのかと見に行ってみた。皆でめちゃくちゃにボールを蹴ってブランコに乗っている奴らに当てるという男の子らしい遊び。楽しんでいるチビスケを2〜3分見た後でワタシは自転車で走りに行った。帰宅して18時に近い頃、カミさんがG君ママから電話を貰った。どうやらチビスケがボールを失くしたようで皆で探しているとの事だった。仲間のパパやママ達も探してくれている。私も急遽公園にクルマで向かった。

到着するとG君、K君の御両親、T君のママも必死にボールを探してくれている。G君のママは「怒らないであげてね」と私に言った。勿論、私も怒るつもりは無かった。これは誰にでも起こりえる不運なのだから。「さっき、新しいボールを買いに行こうと言ってたところだったんですよ。だから多分、ボール君も役目は終わったと思ったんでしょうね」そんな説明をしながらその場にいた方々に御礼を言っていた。

事情を聞くと、私が見ていた遊びの後で違う遊びをしていたのだが、その後気がついた時にはチビスケのボールが行方不明になっていたらしい。チビスケを見ると泣きながら探している。私も周辺の道路まで探してみたのだが見つからない。「チビスケよ、もう暗くなってくるし諦めよう。帰ってお風呂に入ろうよ。新しいのを買ってあげるから」そう言って慰めた。だけど諦めきれないらしい。泣いているチビスケをG君ママが抱きしめてくれている。私はそれを見てジ〜ンと来てしまった。こんな風に他人の子供を抱きしめてくれるなんて・・・ そして1人の子供のボールを仲間やその御両親が探してくれるなんて・・・

そして泣いている息子を見て親バカながら誇らしく思った。自分だったら新しいボールを買ってくれると言われたのだから古いボールは直ぐに諦めるだろう。それなのにコイツはボロボロのボールを必死に探しているのか。気に入っていた模様だって擦れて見えなくなってきてるというのに・・・

DSC_5488.jpg

公園の周りは坂になっている。コロコロ転がって変なところに入ってしまったのかもしれない。皆さんにも迷惑を掛けてしまっていたので、なんとかチビスケを諦めさせてJ君とクルマに乗せた。しかし2人を降ろした後、どうにも私が治まりがつかなくなってしまったようだ。「よし、パパがもう一度探してくるよ!」そう言って私独りでもう一度公園に行った。「お〜い、ボールよ。買い替えるなんて言ったからスネたのかい?頼むから出てきておくれよ!」ブツブツ独り言を言いながら草むらや周辺をくまなく探した。けれどやっぱり出てきてはくれなかった。辺りはとっぷりと日が暮れてしまった。ガックリ肩を落として自宅に戻ったのだが、玄関を開けてこの一件の一部始終を思い出したら不覚にも涙が溢れてしまった。「あんなボロボロのサッカーボールだけど、チビスケにとっては大切な大切なモノだったんだなぁ〜・・・俺は偉そうなことばかり言ってるけれど、本当にモノを大切にしてるんだろうか??」
自分が少年だったころにどれだけモノを失くしてきたかを思い出し、ちょっと切なくなった5月の夕暮れだった。

ダウンヒル 初体験 [自転車]

5月2日、GENさんを連れ立って富士見パノラマに行きました。ようやく訪れたシーズンSession 9.9のシェイクダウンなのです。

IMG_3316.jpg

出来上がったジャージにはMOTOのネーム入り。諸先輩によりますと、このジャージでAコースを走るとつぶさに観察されるそうです。でも私は勿論、Aコースなんて行かれませんから大丈夫ですね。

IMG_3334.jpg

IMG_5130.jpg

GENさんはちょっとした事情により今回はクロカンマシンを持ってきました。コースは走らずに入笠山を探索です。現地ではISOさん、Gannyoさんと合流。ISOさんに基礎からみっちりレクチャーを受けました。私の変な癖である”イン側のペダルが下になっちゃう”という事や姿勢の悪さ、ライン取りのメチャクチャ等々をバシバシ指摘して頂き、とっても為になるレクチャーでした。

IMG_3336.jpg

IMG_3343.jpg

IMG_5190.jpg

気温はちょっと寒いくらい。1ヶ月くらい前のような感じです。でも走るとちょうど良い!!"Cランチ"を一膳食べたところでKAWAさん、ITAさん、KUWAさんが合流です。

IMG_3340.jpg

IMG_5199.jpg

合計4杯のCランチで転倒は一回。バンクに乗り損ねてドテっと倒れました。(笑)
それにしてもこんなにDHが楽しいとは!!想像していた以上です。これはかなりハマるぞ〜!もう登るの嫌になっちゃうかもしれません!!(爆)



GW前半は4家族でキャンプ [家族]

GWに突入した先月の27~28日でキャンプに行ってきました。1泊でせわしなかったのですが4家族合同のワイワイキャンプです。

DSC_5186.jpg

朝4時に出発して5時ちょっと過ぎには現地に着いたのですが、すでに数十台のクルマが列になっておりました。GW恐るべしです。

DSC_5183.jpg

DSC_5187.jpg

DSC_5228.jpg

大人8人、子供が7人。大人たちはテント設営終了後にビールを飲み始めます(笑)子供達は最初はテントの中でゲームをやってましたが、さすがにキャンプではやめさせました。「何してれば良いの?」なんて聞いてくる始末。現代の子供を遊びを作る事が苦手なようです。「何にもやることが無いのを楽しむんだよ」と言っても理解は出来ないだろうなぁ〜・・・

DSC_5223.jpg

しかし、その後はワイワイはしゃいで川に行ったりボールで遊んだりしておりました。勿論、ランチの準備は手伝ってもらいましたよ!

DSC_5349.jpg

こちらは下の子供達。一番目が離せない年齢です。

DSC_5204.jpg

DSC_5265.jpg

サファリのウィンチを使って飯盒で米炊きです。ワイルドだなぁ〜〜!!

DSC_5287.jpg

Camp.jpg

星を見ながら夜を過ごす。火を眺めているだけであっという間に時間が過ぎて行きます。夜になって気温は3度まで下がり、寒くて眠れないくらいでした。翌日は11時チェックアウトでノンビリ帰宅。一泊でもチェックイン・アウトの時間次第でかなり楽しめるんですね〜!みんな大満足のGWキャンプでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。